2歳 便秘

MENU

すぐに痛みを和らげる3つの方法!

大至急!便秘からくる痛みで泣き叫ぶ子供を何とかしてあげたい!!

 

あなたは、このように思っている方ではないでしょうか?

 

 

私は、二人の子供を子育て中の父親ですが、

 

 

 

下の2歳の女の子が便秘がひどくて、いつも泣き叫んでおり

 

 

 

親としては苦しい思いをしておりました。

 

 

 

病院に行っても下剤が中心の対応で、根本的な解決にはならないことも分かりました。

 

 

 

どうしたら娘を痛みから解放してあげられるのか?

 

 

はい、結論から言いますとコレで解決。

 

 

>>>日本一売れている便秘対策がコレ!

 

 

 

私は、本やネットで調べまくり、ある結論にたどり着きました。

 

 

 

毎回、毎回、定期的にくる便秘。

 

 

 

今では、便秘することもほとんど無くなりましたが、その時の経験と対処法を紹介していますので、

 

 

 

同じ境遇で苦しんでおられるあなたには、ぜひ参考にしていただければと思っています。

 

 

 

まずは、泣き叫ぶ原因である便のつまりを取り除きます

 

 

早速ですが、2歳児の子供が便秘になってどれくらい経過していますでしょうか?

 

 

3〜4日くらいでしょうか。個人差はあると思いますが、

 

 

 

我が家の子供たち(2歳と6歳)は4日ほど便が出ないと徐々に痛がり、

 

 

時間が経過するとともに、お腹の痛みで泣き叫ぶことが多かったです(T_T)

 

 

 

昼夜関係なく、痛みがあれば泣き叫ぶので2歳児の子供も辛いのですが、大人も辛いんですよね。

 

 

 

そんな2歳児の子供の痛みを解放してあげる3つの便秘解消法を紹介したいと思います。

 

 

子供用の浣腸を持っていますか?

自宅に子供用の浣腸があるのであれば、すぐに使って便を出してあげましょう!

 

 

もし、なければあなた以外で薬局に買いに行ける人がいるか?

 

 

もしくは、近所のママ友に連絡して浣腸を持っていないか聞いてみるなど浣腸を使って便秘を解消してあげましょう。

 

 

ただ、浣腸には、「使用回数が増えるとするとクセになる」とも言われているため、あくまで緊急時のみに使用するくらいが良いと思います。

 

 

浣腸が無ければ、綿棒で対処する

一般的に知られている方法で、ベビーオイルを綿棒の先につけて便を掻き出します方法です。

 

 

便が固いので出しにくいのですが、これも応急処置だと思ってやってあげます。

 

 

ただ、あまり無理すると血がでることがありますので、無理かな?と思えば病院で見てもらいましょう。

 

 

病院で処置してもらう

これが、一番だと思いますが、待ち時間などあるし風邪をうつされる(p_-)なんてことも気になります。

 

 

病院に行けば先生が綿棒で掻き出すなどの処置をしてくれるはずです。その後、下剤をくれますが、下剤も最初は効果が見られますが、何度も下剤を使用すると効き目が悪くなる可能性があります(我が家の場合)

 

 

下剤も一時的な対処法としては良いと思いましたが、根本的な解決にはならないということが分かりました。

 

 

以上の3つが早急な対処法です。1〜3のどれかを実施することで、とりあえず泣き叫ぶ子供の痛みを和らげてあげることができると思いますが

 

 

本当にお手軽で、やって良かった対処法としては、「のの字マッサージ」かもしれません。

 

 

”の”を描くようにお腹をゆっくり丁寧にマッサージしてあげることで、腸の働きが活発化し、便が出やすくしてあげる方法です。

 

 

即効性はありませんでしたが、比較的はやい段階で便が出ている感じを受けました。

 

 

 

以上が、すぐにできる暫定的な対処法です。

 

 

 

しばらくは、お腹を痛がるかもしれませんが、固い便が出ると落ち着きます。

 

 

 

初めは、慌てて上手くできないかもしれませんが、頑張ってやってあげてください。

 

 

 

ただし、無理は禁物です。自分には出来ない!と思えば病院に連れて行くようにしてください。

 

 

 

これらの便秘対処法は、一時的なものですが、現状のままでは、何度も繰り返してしまうので娘の特徴でした。

 

 

 

調べていくと・・・食べ物の好き嫌いに限らず、どちらかというと体質的な要素が強く、野菜好きの2歳児の子供でも便秘になるそうです。

 

 

 

2歳児くらいであれば、まだ腸内環境が整っていないため、便秘になりやすいことも分かりました。

 

 

 

そこで、便秘になりにくい体質に変えることができないものだろうか?と思い色々調べてみました。

 

 

 

そして、ひとつの結論にたどり着き「腸内環境を良くしてあげる」ことで便秘になりにくくなるということが分かりました。

 

 

腸内環境を良くしてあげると聞くと、ヨーグルトが良いのかな?と思いますよね?

 

 

さらに調べていくと。。。。。「ビフィズス菌」が腸内環境を整える役割をしていることが分かりました。

 

 

一般的に言われているビフィズス菌がやっぱり便秘には効果を発揮するようです。

 

 

 

では、ビフィズス菌がたくさん入ったヨーグルトを食べればよいのでしょうか?

 

 

はい。正解です!

 

 

 

しかし、2歳児の子供の腸内は大人と違いデリケートかつ環境が整っていません。

 

 

ですから、いくらヨーグルトを食べても子供の腸内でビフィズス菌がとどまるのは難しく、さらに元気なビフィズス菌でないと腸内環境は良くならないということです。

 

 

 

では、どうしたら良いのでしょうか?

 

 

答えは、「すでに腸内にいるビフィズス菌を強くしてあげる」という方法が良いということが分かりました。

 

 

 

体内ビフィズス菌を強くする食物が「オリゴ糖」です。

 

 

オリゴ糖には、大腸まで行き着く力があり、ビフィズス菌を元気に活発化してくれる作用があります。

 

 

このオリゴ糖ですが、純度が高いほど、腸へ行き着く確率が高くなります。

 

 

つまり、腸に届く確率が高ければ高いほど、ビフィズス菌が強くなり、2歳児の腸内環境も良くなり便秘しにくい体質に変わっていくとうことです。

※最後は、カイテキオリゴに決めました!

私が選んだ高純度のオリゴ糖は、「カイテキオリゴ」というネット限定で売られている商品です。

 

 

>>>日本一売れている便秘対策がコレ!

 

 

 

今まで聞いたことも無かった商品なのですが、1分間に1個売れている人気商品ということで興味を持ちました。

 

 

そして、念のためコールセンターに電話をして2歳児が使っても安全ということを納得してから購入してみました。

 

 

こちらが、そのカイテキオリゴです。

 

<<カイテキオリゴの写真>>
カイテキオリゴの写真

 

コースにより価格が違いますが、私の場合は、とりあえず一ヶ月だけ使って効果を確認してみたかったので、1袋2500円の商品を選択。

 

 

1ヶ月以上もつようですし、2歳の子供の便秘が解消されるのであれば価格は、あまり気にしないようにしました。

 

 

<<2歳児は、この量の半分以下でOK>>
小さじオリゴ糖

 

※小さじ一杯くらいです。(1gくらい)

 

 

<<実際に試した結果>>
カイテキオリゴは、粉なのでどうやって、子供に食べさせるのか最初は考えました。

 

 

いつもヨーグルトを食べていたので、こちらにと混ぜて食べさせてみることにしました。

 

 

 

ヨーグルトでビフィズス菌、そしてカイテキオリゴでビフィズス菌強化の2倍の効果を期待して、

 

 

 

 「ヨーグルト+カイテキオリゴ1g」の組み合わせで、1日1回食べさせてみることに。

 

 

すると、、、

 

 

3日後には、便がモリモリ!!
 
 
そのあとは、毎日のようにモリモリ出て、おむつ代えが大変なくらいの量でした(^^)

 

 

 

今までは、一体なんだったのだろう・・・

 

 

というくらい快便で、もっと早く使っていたら、こんなに子供も苦しまなくてすんだのに。。。という感じです。

 

 

このあと、カイテキオリゴを使いはじめてから2歳の子供は、ほとんど便秘をすることがなくなり、ホント良かったなと思っています。

 

 

効果が出るまで個人差は、あるのかもしれませんが、試してみる価値は十分にあると思います。

 

 

【迷っている方へ】

「どうせオリゴ糖なんて、どれを使っても同じでしょう?」

 

 

「スーパーや薬局に売っている数百円のオリゴ糖商品を食べさせておけば、多少は便秘が解消されるでしょう?」

 

 

もしかしたら、このように思っているのではないでしょうか。

 

 

はい、たぶん、間違ってはいないと思います。

 

 

ですが、ただ言えることは、それらは不純物が多く危険性もあること。

 

 

すなわち、具体的に書きますと「食品添加物が非常に多い」といことです。

 

 

幼児の体に食品添加物が蓄積されると、アレルギーやがんの発生へとつながります。

 

 

私たちが普段食べてる食品の多くには、添加物が含まれています。

 

 

ですので、全く食べないのは不可能に近いため、せめて減らす努力をしなくてはならないと考えます。

 

 

とくにまだ体の幼い幼児でしたら、なおさらですね。

 

 

話を戻しますが、、、

 

 

このまま幼児便秘を放置しておいたらどのようになるかご存知でしょうか?

 

 

便秘がひどくなると、吐き気、頭痛、腹痛などがひんぱんにおこり、「腸閉塞」という恐ろしい病気になってしまう危険性があります。

 

 

軽度の腸閉塞の場合は、手術で回復しますが、重度の場合は命にかかわることさえあります。

 

 

このように、たかが便秘と思われがちですが、実は、ひどくなると大変危険な症状だということを私は知りました。

 

 

ですので、もし、お子様が便秘で苦しんでいるようでしたら、高純度のオリゴ糖を使って腸内環境を正常な状態にしてあげてください。

 

 

もちろん、便秘は子供だけでの問題ではないですね。

 

 

家族全員の問題でもあります。

 

 

便秘が原因の夜泣きも減少し、子育てのストレスからも少し解消されたあなたは、

 

 

子供だけでなく家族にも、あなたはこれまで以上に優しく接することができるようになると思います。

 

 

実際に、うちがそうでしたから(^-^)

 

 

私はパパですが、ママはホント大変だと思います。

 

 

子供が元気でいると、家族全員に影響し、笑顔が絶えない家族になります。

 

 

ぜひ、お子様の痛みを取り除いてあげて、今後、便秘で苦しい思いをしなくてすむようにしてあげてください!

 

 

※いまなら全額返金保証も付いています!
>>>カイテキオリゴ公式ホームページは、こちらです!

幼児便秘の基本的な予防法

一般的に子供は便秘などせず、快便なイメージがありますよね。

 

 

しかし、意外と便秘の悩みを抱えている母親は多いです。

 

 

そんな便秘ですが、予防方法があるので、日頃から予防することで改善することができます。

 

 

はじめに、規則正しい生活をすることは基本となります。

 

 

きちんと朝昼晩と三食の食事を摂り、運動不足を解消することです。

 

 

すると、生活リズムが整えられ、排便リズムも正しくなって決まった時間に排便があるようになります。

 

 

また、運動不足を解消し運動を行うことで、便をいきむ時に必要な筋力がついたり腸も刺激され排便を促します。

 

 

次に、食事内容の改善です。

 

 

なかでも、ヨーグルトは腸内環境を整える善玉菌が多く含まれているので、おすすめです。

 

 

また、ヨーグルトに含まれることもあるオリゴ糖には善玉菌を増やす働きがあります。

 

 

そして、基本的にはバランスの良い食事を摂ることです。

 

 

積極的に野菜を摂ることや食物繊維の多い食材を取り入れることが必要。

 

 

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の二種類があります。

 

 

水溶性食物繊維の働きには、善玉菌を増やし腸内環境を整える効果があります。

 

 

さらに、便を柔らかくする働きも備わっています。

 

 

次に、不溶性食物繊維は、水に溶けない性質なので、消化器官で水分を吸収すると大きく膨らみます。

 

 

よって、便の量が増えて腸に刺激を与え、排便を促します。

 

 

食物繊維には、多く含まれる食品がそれぞれあります。

 

 

先に水溶性食物繊維は、納豆や海藻類、ごぼうやオクラなどに多く含まれます。

 

 

また、不溶性食物繊維は、

 

 

アーモンドなどの豆類やきのこ類、切り干し大根やおからなどに多く含まれます。

 

 

なお、これらの食物繊維をバランス良く摂取することが大事ですが、

 

 

幼児はお腹が弱い子もいるので、注意しながら与えるようにしましょう!

 

 

また、水分不足も便秘の原因になりやすいので気を付けたい項目になります。

 

 

最後に、幼児期の1歳、2歳頃はトイレトレーニングを始めるケースも多いですよね。

 

 

このトレーニングも便秘の原因になることがあります。

 

 

トイレを失敗し、子供は怒られることで、トイレを我慢してしまいます。

 

 

よって、あまり怒らないようにすることが必要です。

 

 

初めから焦らず無理のない範囲で、トイレトレーニングを行うようにしましょう!

 

 

幼児便秘の定義とは?

幼児期の便秘は、離乳食の時期から改善されていないことが多く、

 

 

1歳から2歳、そして3歳へとそのまま生活スタイルが変わらなかったことが原因となることがほとんどです。

 

 

また、2歳児はイヤイヤ期があったりと、好き嫌いもはっきりし始めます。

 

 

そのため、野菜嫌いな子は嫌がって頑なに野菜を食べないこもあり、

 

 

それらが原因で便秘になることもあります。

 

 

また、トレトレーニングを始めている場合、トイレを我慢してしまうこともあるかもしれません。

 

 

子供には、大人同様、排便のペースがあり、便秘といっても基本的には問題がないことがほとんどです。

 

 

しかし、便秘になっていると本人もつらいですし、親としても可哀想なので、早めに気付いてあげることが必要となります。

 

 

なお、便が出ない状態が2〜3日程度であったり、

 

 

本人からの訴えや異変がなければ、そのまま様子を見れば大丈夫なことが大半です。

 

 

便秘の判断基準として、便のチェックは欠かせません。

 

 

便は柔らかく固くないのが正常な状態です。

 

 

この便が固かったり、うさぎのような糞で小さくてコロコロとしたものは、便秘のしるしになります。

 

 

そして、排便中になかなか出なくてつらそうにしていたり、

 

 

排便後に肛門が切れて出血することがある場合にも便秘である可能性が高いです。

 

 

また、健康な便の色は黄土色や茶褐色をしています。

 

 

便秘時の便の色は濃い褐色です。

 

 

これは腸内での滞留時間が長時間になることで、不要な余分なものまで吸収してしまい、このような色になるからです。

 

 

次に、症状で判断する場合、

 

「食欲がなくなったり、食べたものを吐いてしまうことが頻繁にある」

 

「下痢や発熱はないが、腹痛がある」

 

「排便が何日もなく、お腹が張って苦しそうにしている」

 

 

などの症状がある場合にも便秘が考えられます。

 

 

便秘による腹痛は夜間に発症するケースが多く、これは自立神経が未発達で夜間に変化しやすいからです。

 

 

夜間に腹痛が起きた場合、かかりつけの病院は空いてないので不安ですよね。

 

 

このようなことが起きないためにも、普段から便のチェックや症状のチェックは外せませんね。

 

 

一般的な幼児便秘の原因とは?

2日に1回、3日に1回、など便の固さがコロコロではなく程よい固さで順調なならば、それは便秘ではありません。

 

 

毎日出ていてもコロコロ便で、痛がったりしているようであればそれは便秘です。

 

 

そんな2歳時の便秘の原因はどんな事があるのでしょうか?

 

 

まず大きく3つの原因が考えられます。

 

偏食

2歳の子供さんになられてくると好き嫌いが激しくなったり偏った食事になってしまう場合があるかなっと思います。

 

 

そして2歳頃になりますと大人と同じメニューを食べれる様になりますが、

 

 

どうしても大人よりは消化機能はまだまだ未熟です。

 

 

そうなってくると体の中に滞在期間が長い便ほど、便が固く便秘になりやすくなっています。

 

 

そして偏った食事、食物繊維の接種が少ないと、便秘には非常になりやすくなります。

 

 

そして水分補給を小まめにさせることも大事な事を忘れない様にしといてください。

 

 

“消化のいい和食中心のバランスの取れた食事の見直しをおすすめします。 ”

 

 

便秘によくない食品としてプリン、ゼリー、ケーキ、アイスクリーム、牛乳、甘いヨーグルト、ポテトチップスなどがあげられます。

 

 

運動不足

どうしても運動不足に陥ると“腸の刺激”を受けにくくなって来ます。

 

 

そのため便秘になりやすくなってしまいます。

 

 

そして運動はストレス発散にも繋がるので運動は毎日させてあげてくださいね!

 

 

我慢

2歳子供さんになってくると便をすることが恥ずかしいという自我出てくる様になります。

 

 

例えば保育園に通ってる子などは恥ずかしくて我慢して便秘になってしまうっといった事も起きてしまうようです。

 

 

それ以外にも便秘になって便を出すときの痛みがトラウマになって我慢をしてしまう子供さんもおられます。

 

 

その他以外にも精神的ストレス、夜更かしなども便秘の原因に繋がって来ます。

 

 

規則正しい生活をする事で便秘の解消近道になります。

 

 

便秘にならない原因、生活作る事で便秘は以外にも簡単に解決することはありますので、是非お家での生活習慣の見直しも検討してくださいね!

 

 

基本的な対処法について

大人でもしんどい便秘ですが、2歳時の子供さんの便秘で泣き叫んで我慢出来ないそんな時の「大至急!どうにかしてあげたい時の便秘対処法」をお話していきます。

 

浣腸

慢性的に便秘になる子は子供用の浣腸があるので、使う使わないに関わらず常備薬としてあると便利です。

 

 

子供用の浣腸は薬局などに販売しているので一つ置いときましょう。

 

 

ですが、浣腸で一つ注意点があります。

 

 

それは使用回数が多いとクセになり余計便秘しやすくなってしまうという点があります。

 

 

浣腸は本当に緊急事態の時だけ使うようにしましょう。

 

 

綿棒

浣腸もない、子供が泣き叫んでる、、そんな時は「綿棒」。

 

 

ベビーオイルを含ませて肛門に少し入れてクルクル優しくマッサージ。

 

 

強くすると出血することがあるので優しくが重要です。

 

 

そうすると腸が刺激されて便が出てきますが、なかなか出てこない場合もあります。

 

 

そういう時は、綿棒でクルクルマッサージ→ウェットティッシュで肛門をギュギュっと優しく抑える様にマッサージ→これを続けます。

 

 

そして便が出そう、出ている時も肛門回りをウェットティッシュで少し刺激していると全部出やすくなります。

 

 

これで出なかった事はないので、是非緊急事態の時は試してみてください。

 

 

あまり強くすると、腸を傷つけたり、出血の原因にもなるので必ず「優しく」行うようにしてください。

 

 

病院

これでもダメなら今すぐ「病院」 です。

 

 

病院なら一番安心ですし、必ずすっきり出してもらえます。

 

 

そして下剤の処方や病院の先生が便を出す処置などしてくださると思います。

 

 

ですが、待ち時間や他の病気を移されかねないデメリットがあります。

 

 

でも本当に出ない時は必ず行ってください。

 

 

便秘は大人が想像している以上、辛く苦しいものです。

 

 

ぐったりしたり、食欲減退などの症状も出てくる様になりますので、必ず病院に行きましょう。

 

 

大至急の場合はこの3点になります。

 

 

即効性はあまりないですが便秘時の対処法として

 

・お腹を”の”の字マッサージ
・小まめな水分補給
・食物繊維や乳製品接種で食事の見直し
・精神的ストレス発散や運動

 

なども挙げられますのでもし子供さんに当てはまる事があれば対処してあげてください。

 

 

 

幼児便秘で使用されている市販薬はコレ!

基本的に便秘薬は15歳以下、または11才以下は使用出来ないっという記載が殆どあります。

 

 

小さな子供は体の機能が大人に比べてまだまだ未熟です。

 

 

ですので、便秘薬を服用すると刺激を受けやすいので下痢や腹痛になったりしてしまいます。

 

 

「じゃあ、便秘になった場合はどうしたらいいの?」

 

 

っと疑問に思うかもしれないですが2歳位の子供さんの便秘市販薬はというと基本的に「浣腸」 が主流だそうです。

 

 

そんな2歳のオススメの市販の便秘薬の紹介です。

 

 

  • 「イチジク浣腸」

効能・効果
便秘

 

1回1個の約半量(5g)を直腸内に注入して下さい。
それで効果のみられない場合には、さらに同量をもう一度注入して下さい。

 

 

使用した後すぐ排便使用とすると薬液のみが出てしまうのでしばらく我慢してください。

 

 

便秘でお腹を痛がってる時にも効果的です。

 

 

  • イージーファイバー

イージーファイバーは水溶性食物繊維で、難消化性デキストリンが腸内で膨れ上がり、柔らかい便を形成します。

 

 

およそ服用から48時間後に効いていきます。食物繊維が不足してコロコロした便の子に最適です。

 

 

こちらは使用年齢等は特に記載がないのですが、

 

 

食物繊維を消化吸収をしっかり出来るようになるのが1歳なのであまり小さな年齢の子は使用しないでください。

 

 

  • 「オリゴ糖」

調整作用の便秘薬になります。こちらは0歳から使えるので2歳の子供さんなら安心して使用出来ます。

 

 

オリゴ糖は善玉菌のエサとなって便秘解消してくれます。 そして純度高い方が効き目も高くなります。

 

 

粉末タイプの水に溶かして飲むことが出来る物を選んでおくと簡単に飲ますことが可能になっています。

 

 

味も基本的に、砂糖を半分甘さ控えたような感じになっているみたいです。

 

 

なので飲みやすいと思います。

 

 

以上が、2歳でも使う事が出来る便秘薬です。

 

 

刺激性便秘薬は刺激が強すぎて2歳では使用出来ません。

 

 

腸の調子を整えたり、便を柔らかくして便を促すのが主流です。

 

 

これでも便秘が直らない方は必ず病院に行ってみてくださいね!

 

 

幼児の慢性便秘を避ける食生活について

2歳くらいの幼児慢性便秘を避ける食生活を皆さんはご存知でしょうか?

 

 

今日はそんな2歳児のの慢性便秘をしない為の食生活の方法をご紹介致します。

 

 

基本的に便は朝出やすいのはご存知ですか?

 

 

それはなぜかというと夜の睡眠中は副交感神経が活発になっていて胃腸の働きが良くなっています。

 

 

そして朝までの間に胃の中は空っぽになっています。

 

 

なので、まず1つめとして「バランスの取れた朝食を食べる」と言うことになります。

 

 

バランスの取れた朝食をきちんと食べる事で空っぽになった胃腸や腸に刺激が加わり便が出やすくなります。

 

 

バランスの取れた食事とは食物繊維が沢山入っていたり、ビタミンや栄養素のバランスもとれている食事のことになります。

 

 

例えばですが「さつまいも、豆類、キャベツ」等は多く食物繊維が含まれています。

 

 

おやつも果物に変えてミカン等を食べさせてあげると便が出やすくなります。

 

 

きちんと毎日規則正しく同じ位の時間帯で食べる事で排便することが習慣になります。

 

 

食べないというのが一番良くないので何かしら食べさせてあげるようにしましょう。

 

 

二つ目は「水分補給」も食生活の中で重要になります。

 

 

水分補給は一気に沢山飲むんじゃなくて、こまめにちょこちょこ飲む方が体にも便秘にもいいです。

 

 

そして水分補給の水分は利尿作用がないものがいいので、「麦茶、ほうじ茶、水」等がいいです。

 

 

そうすることで体へとどまってくれるので便秘改善に繋がります。

 

 

三つ目は、「腸内環境の良いものを食べる事」です。

 

 

発酵食品のヨーグルトもいいですし、和食でも発酵食品が多く存在します。

 

 

「味噌、納豆、ぬか漬け」 と色々あります。

 

 

発酵食品を食べる事で腸内の善玉菌も増えて便秘しにくい腸内環境に導きます。

 

 

それでも便秘が改善しない場合は毎朝起きてすぐコップ1杯の水を飲みます。

 

 

そうすることで胃腸に刺激となります。

 

 

それを何日かして同じ位の時間帯に便を出すと言う習慣する様にしましょう。

 

 

以上が、便秘しにくい食生活になります。

 

 

2歳頃になると好き嫌いが多くなって嫌がることが増えて来ると思いますが、

 

 

なるべく食事には気を付けてあげてくださいね♪